ピースウォーク金沢

2014年も3月21日はピースウォーク! 平和を願って金沢の街を歩きます。



2014年8月28日
by milky
0 comments

ガザ緊急支援、その後。 みなさんからのご支援がいかされています!

JVC 日本国際ボランティアセンターの広瀬さんから、ガザ緊急支援の現状報告をUPしました、とメールが届きました!
みなさんからのご支援が、現地で確実にかたちになっています。
困難な状況の中、命ある子どもたちの笑顔が輝いています。どうぞ、引き続きのご支援をお願いいたします。

+*+*+*+*

JVC(日本国際ボランティアセンター)FBページより~~

https://www.facebook.com/NGOJVC

【ガザ緊急支援、困難のなか進んでいます。約1000人に、医薬品や飲料水提供のほか「子どもたちの心のケア」対応を実施。】

イスラエルとパレスチナが停戦に合意したと発表されました。この停戦こそ本当に続くことを願うとともに、ガザの2000人以上の命を奪ったという被害の甚大さ、そして空爆以前から続くイスラエルの暴走を止められない国際社会の責任の大きさを、改めて考えさせられます。
これまでに500人以上の方々からJVCに寄せられたご寄付をもとに、ガザの協力団体アルド・エル・インサーン(AEI;人間の大地)を通して緊急支援が進んでいます。ご協力いただいた皆様、ありがとうございます。8月18日までにのべ925人へ支援を行いました。その半数以上は子どもたちです。支援は物資だけでなく、恐ろしい体験をしてトラウマを抱えた子どもたちへの心のケアにも力を入れています。

<8/18時点の実施内容>

■支援対象者合計925人(174家族)
甚大な被害を受けたガザ市シュジャイヤで、国連などの支援が届きづらい私立学校(複数ヵ所)に避難している人たちを対象に支援。
■実施内容
・121人の5歳以下の子どもへの健康診断とフォローアップ(21人は病院へ紹介)
・412人の12歳以下の子どもへの心のケア・グループカウンセリング(20回実施)
・392人の母親および若い女性への栄養・衛生カウンセリングの実施(39回実施)
・医療品等は当初避難所で配布、その後は病院へ紹介されたケースへ配布。
・衛生キット、飲料水を避難所で配布。

AEIのスタッフ自身も攻撃の被害に遭っています。JVCとの活動のコーディネーターであるアマルさん(40代女性)は自宅が空爆で破壊され知人宅に身を寄せていましたが、その隣家が空爆にあって一家5人が即死したため、急遽また別の家を探して移動中です。AEIの医師の一人、ムハンマド氏も空爆で家を失いながら、この緊急支援にあたっています。
引き続きガザ緊急支援へのご協力をお願いいたします。
http://ngo-jvc.info/2014gazaemergency
★写真は避難先の学校の子どもたちです

10636054_817625824927716_4420925712319641131_n



2014年8月28日
by milky
0 comments

8月8日・9日 ガザ地区への医療支援・食料支援の街頭募金レポート

8月8日9日、ガザへの街頭募金@金沢駅、やってきました!

DSCF2185

DSCF2189遅れましたが、報告いたします!

さすが夏休みの金沢駅。平日日中だけど、すごい人出でビックリでした! もてなしドームの中なので、雨も当らず、風もなく、陽射しも穏やかでした☆

立派なパネル@林秀樹さんお手製 と募金箱@「標的の村」の募金箱のリメイク♪もそろいました。

連日テレビでもニュースにもなっているのに、やはり通り過ぎる人の多さは、予想以上でした・・(-_-;)

が、予想外のうれしい出逢いもありました!

GAZAのパネルを観た外国の男女お二人連れが、近づいてこられ、流ちょうな日本語で話しかけられました。トルコの方たちでした。トルコとパレスチナは近いんだよ、よく知っている、と。そして、「ありがとう」「ありがとう」と、何度もおっしゃいました。
わたしたちは、「いいえ、こちらこそ、ありがとうございます」と、ありがとうの行ったり来たり。

次に釘付けになられたのは、カーキ色のタンクトップの外国人青年。こちらは英語で話しかけられたので、スウ通訳さんにお願いしました。

内容がわかって、お財布を出されたところで
「どちらのかたですか?」とお聞きすると
「イスラエルです」、と。
彼もお心を痛めていらしたことでしょう。すごい出逢いでした。

「日本は、」とひとくくりにはできないように、 イスラエルの中でも反戦デモや兵役拒否がありますものね。決して、ひとくくりにはできません。

そして、日本で研修中の女性二人組にもお逢いしました。こちらもトルコの方々。そして、日本語が日常会話も支障ないくらい、お上手!

やはり、トルコの隣国のことなので、「信じられない!日本で、こんな募金を呼び掛けてくれているなんて!信じられない!」と。私たちもうれしくて、ついご一緒に写真を、と お願いしてしまいました。

二日目にはパキスタン人のおふたり連れ、金沢在住のインドネシア人の みなさんも、とても喜んで 協力してくださいました。

10544320_909426762404954_714744002114535771_n

995603_684156331672036_4909578118146168335_n 10441054_684156338338702_7413145348198672800_n

若い高校生たちや、京都から来ていた大学生が、
子どもたちとお母さんが、 バス待ちのOLさんが、
遠くのほうから、それと察した紳士が、 一回通り過ぎて戻ってこられたおばあちゃんが。

10569019_684156341672035_6615954460906239351_n DSCF2193

たくさんの金沢駅を歩く方々に、ご協力いただきました(*^_^*)!

一日目はスタッフ7名。 二日目はスタッフ12名。

募金をしに、金沢駅に来てくれた友人たちも、たくさんいらっしゃいました!

◆8月8日・9日のガザへの医療・食料緊急支援の街頭募金@金沢駅、集 まった77,401円を振り込んできました!!

CA392576

◆あとは、JVCのみなさまに託します!◆

JVC 日本国際ボランティアセンター http://www.ngo-jvc.net/
ガザ緊急支援(2014年7月~) http://www.ngo-jvc.net/jp/projects/palestine/2014-gazaemergency.html

8月9日の北陸中日新聞にも取り上げていただきました。

10574336_911592422188388_131140821227183617_n

 

<その後の報告に続く>



2014年8月13日
by milky
ガザ地区への医療支援・食料支援の街頭募金@金沢駅! はコメントを受け付けていません。

ガザ地区への医療支援・食料支援の街頭募金@金沢駅!

8月8日(金)13:00~16:00   8月9日(土)10:00~15:00

金沢駅東口 (駅を出て、バス乗り場に向かうあたり)

<金曜日>
https://www.facebook.com/events/918089691538586/

<土曜日>
https://www.facebook.com/events/1454863188134172/

◇現在ガザ滞在中のジャーナリスト志葉玲さんが写真を提供◇

10580269_845987732079282_547160568043531630_n

志葉さんの記事
8月2日
【ガザ侵攻現地ルポ】国連学校攻撃「私達は武装勢力じゃない」避難民が証言、子ども達の心抉る無差別虐殺
http://bylines.news.yahoo.co.jp/shivarei/20140802-00037912/

8月4日
【ガザ侵攻現地ルポ】「イスラエル軍撤退」報道の裏で地獄と化すガザ南部ー17人中12人死亡の家族も
http://bylines.news.yahoo.co.jp/shivarei/20140804-00037958/

10580047_847542838590438_8340931324587440166_n

 

◇募金さきは、JVC(日本国際ボランティアセンター)
http://www.ngo-jvc.net/jp/projects/palestine/2014-gazaemergency.html

世界10ヵ国・地域で活動する国際協力NGO 日本国際ボランティアセンター(JVC)は、パレスチナ・ガザ地区の現地団体の要請を受け、医療物資と食料を購入するための資金支援を行います。
これまでガザ地区にてJVCが共同で母子保健活動を行ってきた現地NGOの「アルド・エル・インサーン(AEI:人間の大地)」は現在、ガザ各地の避難所で、攻撃の被害者への診療や栄養ビスケット等物資の配布を行っています。JVCは、AEI代表のアドナーン医師からの医療物資と食料の支援要請を受け、これらを購入するための資金支援を行います。
配布する食料の準備をするAEIスタッフたち配布する食料の準備をするAEIスタッフたち
現地の状況が流動的ですので、支援内容が変わる場合もあります。進捗は随時このウェブサイトで報告いたします。いただいたご寄付は上記の緊急支援のほか、状況が落ち着きしだい再開するガザの母子保健活動、また東エルサレムで継続している学校健診・保健教育の活動にも活用いたします。攻撃以前から封鎖や占領により厳しい状態が続くパレスチナの人々を支えていきます

━━━━━━━━
特定非営利活動法人
日本国際ボランティアセンター(JVC)
Website http://www.ngo-jvc.net/
https://www.facebook.com/NGOJVC

◇呼びかけ ◇
ピースウォーク金沢
https://www.facebook.com/pwkkanazawa2014

◇連絡先
小原美由紀( Kohara Miyuki )
happykoara3@ybb.ne.jp
https://www.facebook.com/miyuki.kohara.7

 

DSCF2181

 

北陸中日新聞にも掲載されました。(2014年8月8日)
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2014080802100005.html

募金やFB活動「少しでも、行動」

 イスラエル軍による軍事攻撃で多数の市民に犠牲者が出たパレスチナ自治区ガザ地区への緊急支援の動きが、石川県内で広がっている。八、九両日に市民グループが金沢市内で医療・食糧支援の募金活動を行うほか、米国に対しイスラエルへの武器輸出をやめるよう求めるアピール活動も始まった。見ているだけでなく、何かしたい-。共通の思いが、支援する人々を突き動かしている。(小室亜希子)

 避難所が爆撃され、けがを負った子どもたち。親やきょうだいを亡くして泣き崩れる人々…。七月上旬にイスラエル軍とガザを拠点とするイスラム原理主義組織ハマスとの戦闘が激化して以降、金沢市の主婦小原美由紀さん(49)は連日の報道を怒りや悔しさが入り交じった感情で見つめていた。

 「何の罪もない人たちが犠牲になっているのに、国際社会は戦闘を止められない」。二十年以上前から現地で支援を続ける日本国際ボランティアセンター(JVC)や、ガザ入りしているジャーナリストと交流があり、パレスチナのことはずっと気にかけていた。

 「思うだけでなく、少しでも状況が良い方向になるよう行動したい」と、街頭募金を企画した。寄せられた善意はJVCを通じて、医療物資や食糧の購入資金にあてられる。

 国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」の金沢グループは今月一日から、米国によるイスラエルへの武器輸出停止を求めるメッセージを賛同者に掲げてもらい、写真に撮ってフェイスブック(FB)に掲載する活動を始めた。

 イスラエルにある支部から呼び掛けがあった。グループの前田和夫さん(60)は「顔を出すのは勇気がいるが、世界中に賛同者が広がることで武力攻撃反対をアピールしたい」と期待を込める。

 今回の戦闘でガザ住民の犠牲者は千八百人、うち子どもは四百三十人に上るとの情報がある。イスラエル側の犠牲者は六十七人。五日から七十二時間の一時停戦に入り、本格停戦に向けた協議が続いている。

 街頭募金は八日午後一~四時、九日午前十時~午後三時に、JR金沢駅東口もてなしドームで実施する。